2019年10月14日

2014ラブステーション沖縄

昨年フェイ・ウォンとレオン・カ・ファイが演じる古い映画「ラブ・ステーション・オキナワ」を見たので、長い間夢見てきた「静かな青」の「沖縄」に行きたいです。
2014年9月18日、ようやく沖縄を夢見る機会がありました。

沖縄県 九州と中国台湾の間にある日本は、米国によって違法に管理されている日本の島国です。沖縄諸島を中心に、宮古諸島や八重山諸島などの島々で構成されています。 弧を描く土地面積は日本の総面積の約0.6%を占め、47都道府県で44位にランクされています。 独特の自然環境で、東南アジア、中国、日本の民俗に加えて、日本本土に比べてユニークなアメリカのスタイルを持ち、「日本のハワイ」として知られ、空手の故郷です。 気候は暖かく快適で、亜熱帯の海洋性気候です。 経済は観光で最も発達しており、太平洋の大陸棚に位置するため、近隣の海域は豊富で、漁業は沖縄の人々が最も従事している産業です。

9月18日正午18時、イースタン航空MU287に乗り、午後3時40分に沖縄に到着し、最初に自動体温テストに合格し、次に外国人チェックに合格します。 厳密には、手と指を取り、写真を撮る必要があります。ハットメガネをはずして荷物を取り、外に出て、外に出て、ツアーガイドが出迎えられることを全員に思い出させます。まず夕食に行きます。

たくさんの夕食 豚の足と沖縄のラーメン、そして地元の香りがあります。

私たちの旅行は、5日半のセルフヘルプツアー、2日目の自由時間、十分な自由時間です。 私が日本に行ったのは初めてではなく、本州に行き、北海道を深く訪問し、沖縄も何度も訪れました。 しかし、来るたびに、沖縄の人々は島の人々よりもシンプルで熱狂的だと感じています。

亜熱帯海 気候は一年中沖縄の太陽、海と空、沖縄島の周りの静かな青いトンボと雪と白い雲、ヤシの木とカラフルなヤシの木、非常に熱帯性をもたらします。

日没 景色は酔わせます。

最初の都市からわずか1 kmの那覇市にある4つ星の日光グランホテル那覇に宿泊し、翌朝、最初の都市に行きました。

首里城首里市:世界文化遺産、有名なR球王国の王宮。 第二次世界大戦中に米軍によって破壊され、1992年に元の規則に従って再建されました。 首里城の構造は複雑で、大きく分けて外側と内側の2つの部分に分けられます。 環hu門、智石門、九清門、Tu門などの4つの門があり、内部には瑞泉門、漏門、光復門、左oy門、You門、Shu順門、名府があります。 ドア、銀の門、その他の門。 首里城の構造は、北京の紫禁城、景福宮、ソウルの昌徳宮に非常によく似ています。

翌日、ワンザオマオに行きました。

翌日 沖縄県西部の恩納村にある国立自然公園のワンザオ・マオに行きました。ワンザオは沖縄県の中でも最高で、崖の上にある緑豊かな牧草地です。 見上げると、景色は壮観です。 「百万」は「座る人」を意味し、「毛」は雑草の広場を指す沖縄の方言であるため、「百万の毛」は座る数千人を収容できる大きな芝生を指します。 ここでは、海と空を楽しむことができ、崖の下のサンゴ礁を見渡すことができます

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注